1. 東京 明治通りクリニック
  2. ピアス完全マニュアル
  3. 部位ごとのピアスの解説:ピアッシング《唇》

ピアッシング《唇》



唇はキャッチのある通常のピアスだと、食べ物のカスがまとわりやすくなります。
唇には5FB10Tという品番の頭がフラットなピアッサーを使用します。
口の中のアフターケアはうがい程度で大丈夫です。
外側は耳たぶと同様、専用ジェルを使用してください。
唇は柔らかく、ピアッシング時の痛みは耳たぶと同じくらいです。

その他の部位

ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る