1. 東京 明治通りクリニック
  2. トレチノイン・ハイドロキノン軟膏

トレチノイン・ハイドロキノン軟膏

トレチノイン軟膏

トレチノイン軟膏 (0.025%~0.4%) ¥1,800(税抜)(3g)~

トレチノイン軟膏とハイドロキノン軟膏と混ぜて皮膚に塗布することにより、シミやニキビの改善だけではなく 何らかの原因でできてしまった跡(色素沈着)を改善します。
また、トレチノインの濃度を調節することで肌の状態に合わせた治療がおこなえます。

こんな方におすすめ

トレチノイン・ハイドロキノン療法は、傷跡、火傷(ヤケド)、ニキビ跡、虫刺され跡などの色素沈着に効果的です。 他にも、シミやニキビ、シワを改善し、皮膚を若く保つことができます。

  • 傷跡
  • 火傷(ヤケド)跡
  • ニキビ跡
  • 虫刺され跡
  • 炎症後色素沈着
  • 手術跡
  • 毛孔性苔癬

毛孔性苔癬とは?

トレチノインとは

トレチノインの化学式

トレチノイン(ATRA: オールトランスレチノイン酸)とは、ビタミンAの誘導体で、効果はビタミンAの50~100倍であるといわれています。 しかし、体内に入ると普通のビタミンAですから、アレルギーを起こしたりすることはまずありません。

残念ながら、日本ではまだ厚生労働省に認可されていませんが、アメリカでは約30年近く前からFDA(連邦医薬品局≒アメリカの厚生労働省) にニキビの治療薬として認可されており、さらに1980年代後半からは、シミ、シワなどの紫外線による肌の老化の諸症状に効果があるとして様々な研究がなされ、 現在ではその効果には疑問の余地はございません。

現在では、東京大学形成外科の吉村浩太郎先生が軟膏製剤に更なる改良を施し、皮膚に携わる医師の間でまたたく間に広く認知されるようになりました。

トレチノインの働き

少し専門的になりますが、トレチノインの働きを見てみましょう。

  • 1) 角質を剥がす(ピーリング)作用がある
  • 2) 表皮(いわゆるシミがある部位)の細胞分裂スピードが約2~3倍になる。(代謝が上がる)
  • 3) 毛穴の中にある皮脂を分泌する皮脂腺の働きを抑える
  • 4) 真皮(皮膚の深い部分)のコラーゲンを増やし、皮膚の張り、小ジワを改善する
  • 5) 表皮でヒアルロン酸などの粘液性物質を増やし、みずみずしさを保つ

つまり、1)で余分な角質を剥がし皮膚表面がつるつるになりお化粧ののりも改善します。 2)で代謝が上がる為表皮の中にあるメラニンの塊、すなわちシミが、押し出される。 3)で毛穴の皮脂腺を抑制する為、ニキビを劇的に改善し、毛穴の黒ずみや開きなども改善する。 4)、5)では文字どおり、皮膚を若く保つことができるのです。

トレチノインで注意する点

それでは、トレチノインは良いこと尽くめの、魔法の薬なのかと、思われるかもしれません。 実際、魔法の薬といってもよいのですが、幾つかの注意点があります。

  • 1) 最初の1~2ヶ月はほんのり赤みが出ます。また、一過性にニキビが悪くなり、肌も乾燥します。
  • 2) 妊娠中、授乳中、またはこれから妊娠を考えている人は中止しなければいけません。

1)に関しては、後述する濃度の比較的薄いトレチノインを、 ハイドロキノン軟膏と ブレンドしながら顔全体に塗る方法とピンポイントで濃度の濃いトレチノインをシミとりに使う方法で、多少の差はありますが、いずれにしても 最初の数週間は少し辛いかもしれません。しかし、その辛い時期を乗り切って、治療を完了した患者さんにアンケートを取ったところ、「やってよかった」 と答えた人が9割を越えたという発表もありますし、当院ではほぼ100%と言っても過言ではないと思います。

2)については、トレチノインとはそもそも白血病の内服治療薬にも用いられる薬で、動物実験において、大量に内服をさせたときに奇形を生じることが認められたという実験データがあります。 人ではトレチノイン外用との因果関係が明らかな奇形はこれまでに認められてはおりませんが、念のため避妊したほうがよいということになっております。

トレチノイン軟膏を用いた治療

顔全体の若返り、ニキビの治療

トレチノイン軟膏を用いた治療では施設によりいろいろな方法がありますが、最近では顔全体にうすく伸ばして塗布して行く方法が主流です。 この場合は濃度の薄めのトレチノインを更に御自身で薄めて塗布して行きます。というのも、トレチノインは前述のように最初の数週間は赤みが出てしまうのですが、 これを極力避けようとするのが狙いなのです。 トレチノインは高濃度の物を短く使うよりも、低濃度でも長期間使用するほうが効果的であるというデータも出てきています。

御自身でトレチノインを薄める外用剤を総じて「ブレンダー」と呼ぶのですが、通常はハイドロキノンをブレンダーとして用います。 下地をたっぷり塗布して乾いた後、ブレンディングしたトレチノインを塗布していきます。 御自身がすこしづつ低めの濃度からブレンドすることにより濃度を調節できる為、自分でどれくらいの比率で混ぜればほんのり赤くなるかが判ってきますので、 次の日顔が真っ赤になって人前に出られないというようなことは皆無です。

この治療方法は、肌全体のくすみ、シミ、肝斑などに有効なばかりでなく、ニキビ治療に対する効果も目を見張るものがあり、 赤みを抑えるP-リボーンと併用して行なうと、症例写真のようにかなりの改善が見込めます。

ピンポイントでシミをとりたい場合

こちらは比較的濃度の濃いものをはみださないように塗布します。 患部は当初かなり赤みが強くなりますが、8週間前後で効果が現れてきます。

症例写真・料金等

実際の写真は、症例写真をご覧ください。

料金に関するお問い合わせは料金表をご覧ください。

文責:明治通りクリニック 院長

ハイドロキノン軟膏



こちらのクーポン画面を診察時にご提示ください。

無料でハイドロキノン軟膏3gを処方いたします。

※  自費診療外来を受診された方のみ対象です。
※  お一人様1回限りとさせていただきます。
※  外来受診には初診料または再診料がかかります。

ハイドロキノン軟膏の効果

  • 新たなシミを作らせない
  • 炎症後色素沈着の皮膚の色をうすくする

使用方法

  • 一日一回、寝る前に皮膚を清潔にし塗布する

保管方法

  • 冷蔵庫保管

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンの化学式 ハイドロキノンとは、1,4-ベンゼンジオールと呼ばれる白色の結晶で、水やアルコールに溶ける物質です。 図にあるように、パラハイドロキシベンゼンの形をとっており、高校の化学の教科書にも出てくる簡単な構造をしています。

皮膚に局所的に用いると、チロシンから3,4-ジハイドロキシフェニルアラニン(ドーパ)を合成する酸化酵素の抑制および、 メラニン細胞からの代謝抑制を行ない皮膚の脱色素を可逆的に行なうことができます。

ハイドロキノンの働き

つまり、一言で言うと「シミの原因であるメラニンを作らせなくする肌の漂白剤」だということが言えます。

市販の美白製品では、アルブチン、コウジ酸、各種植物エキスなどを配合したものが数多く販売されていますが、 効果はハイドロキノンの100分の1程度であるといわれ、実質効果はほとんど期待できないのが現状です。 現在日本では厚生労働省による安全性などの検証の結果、一般化粧品に配合することが認可されていますが、 多少刺激性などもあるためアメリカではFDAの指導により医師の処方がないと使えないようにしようというような動きが出てきています。
日本ではまだ市販のものが手に入りますが、配合濃度が低く設定されており、値段も10,000円前後という、 医院からの処方と比べてかなり高価なものになっております。

ひとつここで注意をしなければいけないのは、薬事法での医薬部外品での美白剤の定義に 「紫外線による色素斑形成の予防」と明記されてるように、 ハイドロキノンを含むいわゆる「美白剤」というものは「今あるシミを消す」のではなく、 「今後新たにシミをつくらなくする」薬であるということです。

つまりポイントは、P-フェイシャルなどの 光美顔術や、 トレチノイン軟膏などは表皮に溜まったシミ、 すなわちメラニンを取り除く効果があるけれども、「美白剤」はそれとは別に新たにシミを作らせなくすることで、 肌の美白を維持していく範疇の物であるという点です。

ハイドロキノン軟膏

当院では、濃度5%、10%のハイドロキノン軟膏を用意しています。医師の診察の下、症状に合わせ処方させていただいきます。

かぶれやすい方には、赤ちゃんが使っても大丈夫なくらいの弱いステロイドが入っているものも用意しています。

ハイドロキノン軟膏を用いたスキンケア

ハイドロキノンは適切な濃度のものを適切な期間使うことによって、シミが出てくるのを防いでくれます。
塗布を止めると3日でメラニン細胞がメラニンを造りはじめるという学会報告もあります。
しかしアメリカのFDAがこのハイドロキノンを一般薬局から医師の管理下に置こうとしている流れや、 お肌への刺激性を考えても自己判断で何年も使うものではなく、トレチノイン療法の期間中のみ医師の指導のもとに使用しましょう。

P-フェイシャルP-リボーンなどの 光美顔術や トレチノイン軟膏で透き通るような肌を手に入れても油断せず、 昼間はしっかりとUV対策をし、肌を維持していくのが大切だと考えます。

症例写真・料金等

実際の写真は、症例写真をご覧ください。

料金に関するお問い合わせは料金表をご覧ください。

ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る