1. 東京 明治通りクリニック
  2. パースピレックス(Perspirex)
パースピレックス(Perspirex)
ロールオンタイプ ローションタイプ
ロールオンタイプ ワキ用(25ml) ローションタイプ ボディ用(100ml)
5,500円(税抜) 6,000円(税抜)
塗るだけで汗を抑えることができる!

汗を抑えたい部分(ワキ・手・足)に塗布すると汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、発汗を抑制します。

効果の持続時間が長い!

1回の使用で3~5日間、発汗を抑制します。

手の平や足裏の汗にも効果を発揮!

市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足裏にも使用できます。

香料不使用!

アレルギーやかぶれのリスクを抑えています。

ボトックスと併用ができる!

ボトックスで効果実感できない方、効果が薄れてしまった方にもおすすめです。

Perspirex~パースピレックス~とは

特許処方により長時間、効果が持続する新しいタイプの制汗剤です。
有効成分である塩化アルミニウムは、水と反応する事で固形になり安定する性質があります。この性質を利用して、汗腺内の汗(水分)と塩化アルミニウムが反応すると、水酸化アルミニウムを生産します。この成分が、皮膚上層に存在するケラチンと一緒になる事で角栓(フタ)を形成し、脇汗の出口を密閉する事で発汗を抑えられるようになります。
これまでの制汗剤・デオドラント剤は効果の持続時間が短いため、外出中・仕事中・スポーツ活動の最中に制汗効果が薄まってしまいます。
パースピレックスは1回の使用で3~5日間程度効果が持続します。
パースピレックスには、塩化アルミニウムの他に乳酸アルミニウムが配合されていて、刺激のある酸を無害な乳酸に変換してくれる事で、肌への刺激を軽減します。

パースピレックスの作用

①パースピレックスはアルコールベースの塩化および乳酸カルシウム溶液であるため、非常に効果的に作用します。 ②主成分である塩化アルミニウムは汗腺内の水分と反応し、
③腺内申部に角栓を形成します。この栓が汗腺を密閉し、汗の分泌を一時的に中断させます。しかし、角栓は永続的な栓ではありません。 ④皮膚表面の角質細胞の剥離に伴って、角栓は排出され、汗腺は再活性化します。この過程は2~7日周期で生じるため、パースピレックスは週1~2会の使用で十分な効果を発揮します。

パースピレックスと市販の制汗剤との比較

パースピレックス 市販の制汗剤
効果持続時間 5日 1日
使用頻度 週1~2回 毎日
入浴後の効果 有り 無し
発刊抑制 約65% 約20%~約30%

使用方法

夜間は汗腺の活動が低下するため、夜の就寝前にパースピレックスを塗布します。 よく乾いた、傷のない皮膚に使用し、塗布後は塗布部位が完全に乾いてから衣類を着用してください。
必要な場合は、塗布する前に扇風機またはヘアドライヤーで皮膚を乾かしてください。
翌朝、石鹸と水で洗い流すのが基本です。
汗取りシートや濡れたタオルなどで拭く方法もあります。
塗り直しの必要はありません。
望まれる効果が得られるまで(通常1週間以内)毎晩使用してください。敏感肌の場合は、1日おきに2週間塗布します。
その後は週1~2回、または必要に応じて塗布し、汗とニオイのコントロールをします。

注意点と副作用

必ず、完全に乾燥した皮膚に使用してください。傷がある場合は使用しないで下さい。
パースピレックスは重篤な副作用は確認されておりません。ご使用中、刺激を感じたり発赤を生じた場合は直ちに使用を中止してください。
その他ご不明な点は医師にご相談ください。

料金

ロールオンタイプ (25ml) 5,500円(税抜)
ローションタイプ (100ml) 6,000円(税抜)
ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る