1. 東京 明治通りクリニック
  2. QスイッチNd YAG レーザー(Qスイッチ・ヤグレーザー)

QスイッチNd YAG レーザー(Qスイッチ・ヤグレーザー)とは

トライビーム
レーザー照射時の照射1発の照射時間(パルス幅といいます)を調節し、エネルギーの塊を制御することで、シミ・アザなどメラニンを目的とした治療に適しているといわれているレーザーの一つです。
いくつかの波長によりレーザーの呼び方は異なりますが、このレーザーは532ナノメートルと1,064ナノメートルの2つの波長のレーザー光により治療をおこなえるものです。
最適な熱量(エネルギー)を最大限に照射できるため、正常な皮膚細胞にダメージを与えず、狙ったシミ・アザを除去することが可能なレーザーのひとつです。

トライビーム(TRI-BEAM)とは

532ナノメートルと1,064ナノメートルの2つの波長のレーザー光により治療をおこなえるQスイッチNd:YAGレーザー(Qスイッチ・ヤグレーザー)です。
このレーザーでは、太田母斑や潜在性母斑などのアザの除去から、刺青・アートメイクの除去、そばかすやホクロの除去などを治療でき、さらにはADM・後天性真皮メラノサイトーシス(≒遅発性太田母斑)、そして肝斑の治療として注目されている、レーザートーニングによる治療も可能な機器です。
また、プラズマジックジェルを用いることによるレーザー照射により、フォトリボーンを改良したP-リボーンを更に進化させたプラズマクリアTMという強力なニキビ治療をおこなえるようになりました。

トライビーム(TRI-BEAM)の特徴

私も長年いろんなレーザーを見てまいりましたが、このような高スペックで効果のある切れ味の鋭いレーザーは久しぶりに見ました。
あまりの切れ味に驚くほどです。
いくつか、トライビームを用いてできることを列挙してみます。

1)「ジェンテクニック」

Qusai-Long PulseによるGen TechniqueTMという機能をQスイッチNd:YAG(Qスイッチ・ヤグレーザー)が搭載されています。
スペックと手技から判断すると、ちょうどCUTERA社のGenesis(ジェネシス)と同じかそれ以上の治療が可能となっています。
小さいレーザーの照射サイズにもかかわらず、大きなサイズ分のエネルギーを照射する能力を持たせることが出来るため、大きなパワーのレーザーを小さい治療部位に短い時間照射することで、真皮に充分な熱量をあたえつつ、正常な肌に余分なダメージを与えることなく、治療したいターゲットだけを集中して治療できるようにさせたものです。
この機能を使用することで、毛穴縮小やスキンタイトニング、リフティングなどの効果が期待でき、さらに肌の質感も滑らかにキュッと引き締めることが可能になります。
また、クマの改善、爪白癬の治療、さらには唇にヒアルロン酸注射をするまでもなく手軽に痛みなく艶とハリを出すことも可能です。


2)「レーザートーニング」

Multiplex-PulseTM Technologyという機能によりハイパワーを安全に照射できる独自の機能を搭載しています。
これにより肝斑の治療に有効とされる最新の治療法である、レーザートーニングが安全におこなえるようになり、従来治療できないといわれていたレーザーで肝斑の治療が安全かつ効果的にできるようになります。
他社のレーザーに比べて、大きな面積に対しても短時間で、充分な熱量を与えることが出来るようになり、狙っている治療部分以外の肌にダメージを与えず安全で効果的な治療効果をもたらすことが出来るようになっています。

レーザートーニング


True Flat-Top Beamといわれるレーザーの波形を形成します。
通常のレーザー光は最初の照射が一か所に集中して治療部位に対してぐっと刺さるように出るのですが、このレーザー光は、掘るように一か所だけ深く大きなエネルギーを与えることなく、台形型に患部に均一にパワーを与えるため、より安全に肝斑の治療が可能となります。

レーザーの波形 イメージ図 上から見たレーザーの図
    イメージ図      上から見たレーザーの図


参考までに他の波形も載せてみます。

レーザーの波形

如何にトライビームの性能が優れているかがお分かりいただけるかと思います。

これらの特徴的な機能を持つことで、痛みもほとんどなく、事前の麻酔も不要で安全、効果的に、シミ・そばかす・アザ・ホクロ・肝斑などを安全に除去することが出来るレーザー機器なのです。


3)「プラズマクリア」

トライビーム
先にも述べましたが、プラズマジックジェルを用いることによるレーザー照射により、フォトリボーンを改良したP-リボーンを更に進化させたプラズマクリアTMという強力なニキビ治療をおこなえるようになりました。


上記1)~3)はいずれもほとんどノーダウンタイムです。
当日からお化粧ができます。



4)「刺青・アートメイク除去」

こちらは麻酔の上、照射をおこなっていきます。
原理原則は、過去のQスイッチNd YAG レーザー(Qスイッチ・ヤグレーザー)の刺青・アートメイク除去のページに譲りますが、性能は断然異なります。
いままでとりきれなかった刺青やアートメイクなどにも期待が高まります。


2011年11月
明治通りクリニック院長

関連ページ

よくある質問 : YAGレーザー

Q1. QスイッチNd-YAGレーザーとはどんなものですか?

A1. 当院では、アートメイクや、タトゥー(入れ墨)、太田母斑の除去に対して、 QスイッチNd-YAGレーザーというレーザーを用います。
1064ナノメートルという波長のレーザーを瞬間的に真皮まで到達させ、 真皮内部にある色素を破壊します。
また532ナノメートルという波長を用いれば、シミが取れます。


Q2. 痛みはありますか。

A2. 麻酔をしてからの施術となりますので、お痛みはありません。


Q3. どのような入れ墨にも適応しますか。

A3. QスイッチNd-YAGレーザーは黒や紺色には反応しやすいですが、 赤、黄、緑などの明るい色には反応が悪いことが多いです。
まずは医師が診察し、判断させていただいております。


Q4. 当日の施術は可能ですか。

A4. 入れ墨の除去の場合、まずテスト照射を一部分に行います。(テスト照射は無料です)
テスト照射後1~2週間経過を見ていただき
「これぐらい薄くなるのであれば全体照射したい」
とご判断された場合に本照射をお申し込みいただいております。


Q5. 1回で全て取り除くことはできますか。

A5. 本照射1回では効果が薄いこともあり、数回の照射を要することもあります。


Q6. 照射後はどうなりますか。

A6. テスト照射後、数日はレーザーをあてた部分がじくじくしたり、瘡蓋になることがあります。
赤みがあるのは数日ほどですので、日常生活にも影響が少ない治療法です。


ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る