1. 東京 明治通りクリニック
  2. イントラジェン・GFR(フラクショナルRF)

イントラジェン・GFRとは

RF(ラジオ波)を用いた治療方法で、皮膚を切らずにシワ、たるみ、引き締め等の治療をおこなうことができます。
年齢を重ねて、肌にハリがなくなると、徐々にたるみが進行してしまいます。
メスを入れるフェイスリフトがありますが、メスを入れるのに抵抗がある方は多いと思います。
そのような方にお勧めなのが、切らないたるみ治療イントラジェン・GFRです。

イントラジェン・GFRは顔全体へRFを照射し、コラーゲンの再生を促すことで肌の内側から引き締める効果が期待できます。

イントラジェン・GFRの効果

  • たるみ
  • シワ
  • タイトニング(お顔の引き締め)
  • 小ジワ
  • 毛穴の開き

イントラジェンの症例写真

Case1

Case1
※クリックで拡大します

Case2

Case2
※クリックで拡大します


コラーゲンの収縮によるシワ・たるみの改善(速効性)

PF(ラジオ波)を照射すると皮膚の真皮にあるコラーゲン線維が熱で収縮を起こします。
コラーゲン線維が収縮することにより皮膚が引き締まり、シワ・たるみを改善していきます。
この効果は速効性がありますが、一次的なもので、1~2週間ほど保たれます。

コラーゲンのリモデリング(再構築)によるシワ・たるみの改善(持続性)

また、ラジオ波の熱で収縮したコラーゲンが修復される過程で、繊維芽細胞から新しいコラーゲンが増成されます。
コラーゲンの増成は3ヶ月ほど持続します。
これを創傷治癒と呼びます。
この創傷治癒の過程で繊維芽細胞に栄養や酸素が供給されるため、繊維芽細胞が活性化し、コラーゲンの生産能力がアップするため、持続的なシワ・たるみ改善効果が実感できます。

イントラジェン・GFRの特徴

RF(ラジオ波)を格子状に照射するため、肌に照射する面積を抑えることができます。
そうすることで、表皮へのダメージと痛みを最小限に抑えながら、真皮に熱エネルギーを与えることができるのです。
さらに、イントラジェン・GFRはマルチパルス方式(必要な熱エネルギーを数回に分けながら皮膚に伝える)
のため、肌へはより少ないダメージで効果的な治療が可能となりました。
また、出力などを細かく設定できるので、肌の状態や患者様の体感に合わせた照射ができます。

さらに、マルチパルス方式(数回に分けながら熱エネルギーを与える)で照射するので、1回で大量の熱エネルギーを皮膚に与えずに、数回に分けて大量の熱エネルギーを皮膚に与えることができます。
これらの方法により、表皮へのダメージをさらに抑えつつ十分な熱量を肌に与えることが可能となりました。
正規料金 300ショット ¥40,000(税抜)
600ショット ¥65,000(税抜)
モニター料金 300ショット ¥30,000(税抜)
600ショット ¥50,000(税抜)
ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る