1. 東京 明治通りクリニック
  2. ヘルペス・帯状疱疹

ヘルペス

ヘルペス(Herpes)という言葉は、小水疱(小さい水ぶくれ)が集った急性炎症性皮膚疾患のことを表します。
ヘルペスはウイルスの感染によって発症する病気ですが、ヘルペスウイスルは私たちの身近に潜んでいるごく一般的なウイルスです。
患者様が皮膚科を訪れる理由の疾患としてヘルペスは決して少なくないのです。

はじめに

ヘルペスは「ヘルペスウイルス」というウイルスが皮膚や粘膜に感染し、水疱ができる病気です。
唇のまわりに水疱ができる口唇ヘルペスの場合、ウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、 60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータがあります。
「口唇ヘルペス」という名前は知らなくても、風邪で体調を崩した時や疲れがたまった時などに、 唇の辺りにできるデキモノに悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。
風邪の華や熱の華とも呼ばれるこの症状が、実は口唇ヘルペスです。
日本人の10人に1人が経験したことがあるといわれるほど一般的な病気です。

分類と症状

ただ一口に「ヘルペス」といっても症状は様々で、ヘルペスウイルスはいくつかの種類があり、それによって引き起こされる疾患も違ってきます。

主なヘルペスウイルス 疾患
水疱・帯状疱疹ウイルス 水疱(水ぼうそう)、帯状疱疹
単純ヘルペスウイルス1型 口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性角膜炎、
カポジ水疱様発疹症、性器ヘルペス、ヘルペス性脳炎など
単純ヘルペスウイルス2型 性器ヘルペス、臀部ヘルペス、ヘルペス性髄膜炎

下記に挙げたものが代表的な疾患とその症状になります。

帯状疱疹

体中どこにでもできますが、顔、腹部から背中にかけて帯状に水疱が現れるケースが多いです。
一般的には身体の左右どちらか一方に出ることが多いですが、 病気などで免疫力が低下している時には帯状のものに加えて水ぼうそうのような水疱が全身に出る場合もあります。
ウイルスは神経を通って皮膚に出てくるため、激しい痛みを伴うことが多いのが特徴です。
初期症状はチクチクした痛みですが、数日後には赤みが出現し水疱も現れます。
帯状疱疹は身体のどこにでも症状は出ますが、胸から背中にかけてが最も多く顔や手足、腹部や臀部に現れることもあります。
痛みが始まってから、かさぶたになって完治するまで約3週間~1ヶ月ほどかかり痛みもその頃に消えることが多いです。
まれに「帯状疱疹後神経痛」といって、皮膚の症状が治った後も長期間痛みが続くことがあるので早めに皮膚科専門医の診察を受けることが必要です。

口唇ヘルペス


初期症状として、唇や口の周りが赤くなり、数日後に小さな水疱ができます。
ムズムズとした痒みや、皮膚のほてり、ピリピリとした痛みを感じる場合もあります。
一般的に水疱は2週間ほどでかさぶたとなり治ることが多いといわれています。

性器ヘルペス

性器や臀部の周辺の皮膚に赤いブツブツや水疱、ただれができます。
通常は性交渉などで感染してから2~12日で発症します。
初めてこの性器ヘルペスに感染した人の中には強い痛みや発熱を伴う場合もありますが、 再発の場合は小さな水疱やただれができるだけの、軽度の症状で済む人が多いようです。
また、感染していても症状の出ない人や症状に気づかない人も少なくないため、 自分では気づかないまま他人にうつしてしまうこともあるので注意が必要です。

治療

ヘルペスウイルスの最も厄介なところは再発率の高さといってもいいでしょう。
治ったと思っても、ウイルスは私たちの神経細胞の中にひっそりと隠れていて免疫力が低下した時など再び出現します。
現在では特攻的な抗ヘルペスウイルス剤が内服薬・外用薬ともに開発されてきています。
ヘルペスウイルスに対する一番の対策は何といっても早期治療です。
当院でも医師が適切な診断をし、抗ウイルス剤を患者様に処方しています。
外用薬でも効果がないとはいえませんが、 やはり自己判断よりも医師の診察と疾患に合わせた薬を服用し早期に治療を進めていくことが大事です。

ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る