1. 東京 明治通りクリニック
  2. 美容注射・点滴療法
  3. 点滴コース:高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴

12.5g   1回 ¥ 7,500(税抜)   50g   1回 ¥ 19,000(税抜)
25g   1回 ¥ 13,500(税抜)   75g   1回 ¥ 25,000(税抜)

高濃度ビタミンCとは

ビタミンCは体内で生成されるものではありません。バランスのよい食事やサプリメントなどによる経口摂取により補給できます。 しかし近年、直接静脈内に高濃度のビタミンCを投与することによって、様々な効果を得られる事が分かってきました。

この治療は、ガンの代替医療としても日本に導入されてきています。 ビタミンCを大量に点滴投与することでガン細胞が死滅するというメカニズムを2005年にNIH(米国国立衛生研究所)が発表し、 その内容は「高濃度ビタミンC点滴はガン細胞に対してのみ選択的に毒性として働く」というものでした。 抗酸化物質であるビタミンCそれ自体が強い酸化作用を誘導し、ガン細胞を死滅させ、正常細胞には何もダメージを与えないということが示されました。
食事やサプリメントのように経口で摂取した場合、腸管で吸収された後、さまざまな代謝を受けるので、ビタミンCの血中濃度は十分には上がりません。 それに対して、高濃度ビタミンC点滴は、直接血中にビタミンCを投与できるので、一気に血中のビタミンC濃度が高まり、全身に短時間で行き渡らせることができます。
また、抗酸化作用の過程でビタミンCは過酸化水素を発生させます。正常な細胞はこの過酸化水素を分解する力を持っているので影響を受けません。 しかし、ガン細胞は分解する力がないためにダメージを受け、壊死してしまいます。

この治療は、美容医療としても幅広い効果が期待されます。

●メラニン色素の生成を抑え、シワやたるみを予防・美肌効果

皮膚は紫外線を浴びると、メラニン色素を生成します。 しかし、UVBを浴び続けると、メラニン細胞のDNAのダメージにより、メラニン細胞はいわば「暴走」した状態になります。 これがシミのもとになります。ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑え、白く還元させる働きがあります。
また、肌の弾力が失われることでシワやたるみができてしまいますが、ビタミンCは肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを増やし、 ハリのあるみずみずしい肌へ導きます。

●疲労回復効果、ストレス緩和

ストレスは、精神的なイメージですが、けがや病気など身体が受けるダメージもストレスの一つです。 そのストレスによってビタミンCが消費されてしまいます。
また、疲労やストレスで活性酸素が貯まりやすく、末梢の血流も悪くなります。 活性酸素を中和することで免疫力を高め、疲労やストレスを抑え、回復へと導きます。 冷え性や二日酔い、免疫力を上げたい方にも効果的です。

●生活習慣病改善効果

ビタミンCはコレステロールを分解するためには不可欠であり、動脈硬化を促す過酸化脂質の生産を抑制し、血中コレステロール値を低下させる作用があります。
高脂血症や糖尿病などの生活習慣病、メタボリック症候群、お酒を飲む機会が多い方にもおすすめです。

●アンチエイジング効果

体内の血中ビタミンC濃度が急激に高まることで、老化の原因とされる活性酸素を無毒化し抗酸化作用が得られるので、 毎日元気に過ごしたい方や老化が気になる方には効果的です。

当院では、治療開始前にG6PD欠損症のスクリーニング検査を施行しています。(¥8,000 税抜)
G6PD欠損症(グルコース6リン酸脱水素酸素欠乏症)とは、赤血球にあるグルコース6リン酸脱水素酵素という酵素の欠乏により、 溶血(赤血球が破壊される)が起こる病気です。 伴性劣性遺伝を示す家族性溶血性貧血のことであり、世界で数億人いるといわれています。 このG6PD欠損症は高濃度ビタミンC点滴で、溶血性貧血発作の危険があるので事前に検査が必要です。

よくある質問 : 高濃度ビタミンC点滴

Q1.高濃度ビタミンC点滴を受けられない場合はありますか?

A8. G6PD欠損症の方、妊娠中の方、透析中の方、腎臓機能の悪い方、栄養状態の極端に悪い方は、この治療を受けるとが出来ません。


Q2.そんなに大量のビタミンを体に入れて、副作用や害になることは無いのですか?

A9. ビタミンCは体にとって必要不可欠な水溶性のビタミンです。 風邪の予防、白内障や糖尿病の予防、日焼けやストレスなどで大量に消費しています。 また近年はガン細胞を殺したり、ガンを予防できるという報告がされています。 過剰にとっても問題は無く、余分なビタミンCは尿として排出されます。


Q3.G6PD欠損症とはなんですか?

A10. 伴性劣性遺伝を示す家族性溶血性貧血で、世界に数億人いると言われています。 日本人では全体の0.1~0.5%と少数です。 G6PD欠損症の方が高濃度ビタミンC点滴を受けると、溶血性貧血発作の危険性がありますので、事前に検査が必要となります。


Q4.G6PD欠損症かどうかわかりません。

A11. 高濃度ビタミンC点滴を受ける方に、G6PD欠損症の検査(¥8,400)を受けていただいておりますので、ご心配はいりません。 結果は最長で2営業日以内に出ます。 またすでに検査をした事が有り、検査結果を持ち込める方は事前に検査を受ける必要はありませんので、ご予約を取られる際に仰ってください。


Q5.副作用はありますか?

A12. 高濃度ビタミンCは副作用のない治療としても知られています。 強いて言うならば、眠気やダルさを感じたり、高浸透圧により喉が渇くことがあります(口渇)。 眠気やダルさは一時的なものなので心配ありません。 点滴の際は、ミネラルウォーターなど持ち込んでいただくと良いかと思われます。


ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る