1. 東京 明治通りクリニック
  2. ダイエットとメタボリックシンドローム
  3. メディカルダイエット(医療痩身・医学的根拠に基づくダイエット)
  ダイエットとメタボリックシンドローム 5 運動が苦手な人、時間がない人に
1 体脂肪率とBMI 6 内臓脂肪と皮下脂肪
2 「ダイエット」=「体重減」?? 7 「抵抗期」
3 「リバウンド王」 8 メディカルダイエット
(医療痩身・医学的根拠に基づくダイエット)
4 ダイエットに必要な正しい知識 ~食事・基礎代謝・カロリー~ 9 ダイエットが終わったら

メディカルダイエット(医療痩身・医学的根拠に基づくダイエット)

上記の方法論で行くと、患者さんの平均的な成功例を見てみると、平均して1ヶ月で1kg以上のペースで落ちていくことが多いです。
ただ、そうはいっても、何ヶ月もこれを続けるのは苦痛ですし、さらにもっと早く効果的にダイエットできないか?
そこで登場するのが、私たち医療チームの出番です。

まずは、食事です。

出張や旅行が続いておいしいものを連日食べすぎて、食欲が増進し、いわゆる「胃が大きい」状態になってしまっている時。食欲に歯止めがかけられない時。
こういうときは、食欲を抑えるサノレックスという薬を数日服用するだけで正常な状態に戻すことができます。
ただこのような状況でのこのお薬は本来の使い方と違いますし、患者さんの体調、精神面などを見極めて必要最低限だけの量を自費診療でお出しするようになりますので、まずは診察にお越しいただき、ご相談いただければと思います。

また、食欲は暴走していないけれども、どうしても付き合いでヘビーなランチや飲み会があるという時。
このときは、alli(アライ)xenical(ゼニカル)で食事の脂分の吸収を抑制しましょう。
また糖分や炭水化物を取らなければならないときは、アカルボース錠で糖分の吸収を抑える事を併用するとよいでしょう。

そして、しっかり運動した後、最低限の食事で最大限のタンパク質(アミノ酸)を摂取したい場合は、マルチビタミンやアミノ酸(タンパク質・プロテインの吸収された後の物質)、脂肪分解を促進する成分の入ったダイエット点滴をお勧めいたします。
点滴や注射の場合は、100%無駄なく血管を通じて体内にマルチビタミンやアミノ酸が行きわたるため、サプリメントのマルチビタミンやプロテインを飲むのよりもはるかに効率よく摂取できます。


前のページへ | 次のページへ
ダイエットとメタボリックシンドローム トップページへ

ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る