1. 東京 明治通りクリニック
  2. 料金表
  3. うす毛(薄毛・AGA)の治療
  4. アボダート

アボダートとは

アボダート(デュタステライド)について

アボダート(デュタステライド)

アボダートとは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売している製品で、 もともと、前立腺肥大症の治療を目的としてFDA(アメリカの食料医薬品局)に承認されたものです。

現在はAGAに対してプロペシアなどのフィナステリド剤よりも効果が高いとされています。

なぜ、アボダートがプロペシア(フィナステリド)などより高い効果があるのでしょうか。 効果の秘密は、主にアボダートの有効成分であるデュタステライドにあります。

アボダート(デュタステライド)の効果

デュタステライドは、脱毛の最大の原因である5α-リダクターゼを抑える働きを持つものです。

プロペシアやミノキシジルもそうですが、実は、5α-リダクターゼにはI型とII型があり、プロペシアなどは、II型を抑える働きしか持っていません。 これが、プロペシアが100%発毛しない原因の一つであると言われています。

ところが、アボダートの主成分であるデュタステライドは、I型とII型のどちらも同時に抑えることができるのです。 そのため、プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力であり、最近発売された育毛剤や発毛剤のなかで、 その期待度、効果の点において、共に群を抜いています。

5α-リダクターゼとは?

5α-リダクターゼとは、テストステロン(男性ホルモン)と結び付いて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換する働きを持つ酵素のことです。そして、変換されたDHTが脱毛を引き起こす直接的な原因となります。 そのため、育毛剤を使用するに当たっては、いかにこのDHTや5α-リダクターゼを抑えることができるかが大きな問題となるため、よくこのしくみを覚えておいてください。

さて、この5α-リダクターゼは2種類のタイプを持っています。I型5α-リダクターゼとII型5α-リダクターゼです。 皮脂腺にI型5α-リダクターゼが多く存在し、毛乳頭にII型5α-リダクターゼが存在しています。

そして、最新の研究結果で分かってきたことですが、男性型脱毛症は、I型よりもII型の5α-リダクターゼからより強力な影響を受けるのです。 以下にその意味を二つ挙げてみましょう。

  • 5α-リダクターゼ欠損症(II型5α-リダクターゼが欠如している)の男性にはAGA(男性型脱毛症)が見られない。
  • II型5α-リダクターゼが人間の体の全体のDHTの60%~70%を生み出しているのに対して、I型5αリダクターゼは残りの30%~40%のDHTを生産するだけである。

以上から、5α-リダクターゼに対しては、I型・II型両方の対策が必要であるが、特にII型の影響が大きくII型対策が重点に行った方が有効であるということがいえます。

そして、II型への有効性が認められているのはプロペシア(フィナステリド)であり、 I型・II型双方への有効性が認められているのはアボダート(デュタステライド)なのです。

アボダート(デュタステライド)の副作用

理論的には、プロペシアよりも副作用の発現率が高いとされています。
しかし、今まで何百人と診た患者さんの中で実際に副作用が起こった例は経験しておりません。

アボダート(デュタステライド)の症例写真

アボダート(デュタステライド)の症例写真<


うす毛(薄毛・AGA)の治療へ戻る
ピアッシング受付はこちらをクリック!!
特殊部位ピアス
巻き爪・陥入爪でお困りの方
ホームケア
クリニック紹介
美容コンシェルジュ
カラダの内側からキレイになる!プラセンタ注射
アレルギー検査
グラッシュビスタ
院内紹介
メディア紹介
よくある質問
スタッフブログ
スタッフ募集中

友だち追加

同意書

ページの先頭へ戻る